手作りシュークリームには生クリーム?ホイップクリーム?

2017/01/11

手作りシュークリームには生クリームとホイップクリームどちらが良い?!【健康コラム】





こんばんは。



今日は、動物性の生クリーム植物性のホイップクリームについて。








手作りスイーツを作ってみた



私は毎日料理をしていますが、私自身が甘党なのでよくお家でスイーツ作りもします。

要は『手作りスイーツ』ですね!





中でも最近ちょこっとハマっているのはシュークリーム作り。




先日、実家に持っていくために練習を兼ねてシュークリームを作りました。





大した出来栄えではありませんが。。
喜んでもらえてよかったです。



生地が膨らむのがまた難しいですね。
何度やってもなかなか膨らみません。涙









手作りカスタードホイップシュークリーム



シュークリームと言ったら私の中では

カスタードシュークリーム
もしくは
カスタードホイップシュークリーム

が鉄板。



というかカスタードクリームそのものが大好き!!




ただのカスタードクリームのシュークリームだと、ちょっぴり見た目のボリュームに欠けてしまうと思ったので、
カスタードクリームとホイップクリーム両方をシュー生地に注入しました。











純生クリームとホイップクリームの違い



私は今回のシュークリーム作りには〝低脂肪ホイップクリーム〟を使いました。




純生クリームはコスパが悪いし、

そもそも私自身、濃厚な生クリームがあまり得意ではないので…
低脂肪ホイップクリームをチョイス。







ただ、母に、


「これって植物性のホイップ?それとも動物性の生クリーム〜〜?!」

と聞かれ、恥ずかしながら私はその違いを良く知らなかったので、早速調べてみました。









純生クリームとホイップクリーム


そもそも「生クリーム」とは、乳脂肪分が18%以上のもののことをいいます。


18%以下のものは生クリームと言うことはできません。
ホイップクリーム」と言われているのです。




身近なもので例えると…
バター(動物性)とマーガリン(植物性)の違いのようなものもの。







そこで、それぞれの特性をまとめてみました。








純生クリーム(動物性)の特性


  • 原料は牛乳(乳脂肪)
  • 濃厚でコクがある
  • 美味しい
  • 製菓向き
  • 風味が良い
  • 価格が比較的高い
  • コレステロールが高い
  • 賞味期限が比較的短い
  • 分離しやすい





ホイップクリーム(植物性)の特性


  • 植物性油を添加物で加工している
  • 動物性の生クリームの模造品
  • 動物性の純生クリームと比較するとコク、旨味は欠ける
  • 価格が比較的安い
  • 消費期限が比較的長い
  • 乳臭さが少ない
  • 真っ白なので綺麗なスイーツ作りが出来る
  • コレステロールが低い
  • 軽くてあっさりしているので食べやすい
  • 添加物が入っている
  • コクと旨味は無い

 


どちらにもメリット、デメリットがありますね・・・。


要するに、どっちが良くてどっちが悪いのかというのは、用途によって変わってくるということ!







生クリームとホイップクリームのオススメの用途は?



動物性生クリームを泡立てると、時間が経てば経つほどクリームがダメになってきます。長持ちしません。


逆に、植物性ホイップクリームは色も白く泡立てても長持ちするので、例えば『ケーキ』に使う等には適していると言われています。





他の例えで言うと・・・





『生チョコ』はどうでしょう。


私はこの間、植物性ホイップクリームで生チョコを作ってみましたが、作れないことはありません。全く問題は無かったのです。


ただ、チョコレート本来の味が、気持ちばかりチープに感じた気がしました。


おそらく動物性生クリームで作った方が深みはあったのではないでしょうか。







『お食事』はどうでしょう。

例えばクリームパスタとか。



もちろん言うまでもありませんが、動物性生クリームを使った方が料理にコクや深みが出て、美味しさは増すこと間違いないでしょう。


ですが、カロリーが気になってしまうのも事実です。

何せ、動物性生クリームと植物性ホイップクリームのカロリーはだいぶ違いますからね!



メーカーやモノによって異なるとは思いますが、おそらく50~100kcalほど違ってくると思います。

(この間スーパーでパッと見たときそのような印象を受けました)





なので、これと言ってどっちが良くてどっちが悪いか、結局のところ分からないので、(笑)

用途に合わせて選択してみると良いのではないかと思います。


(答えが抽象的でごめんなさいです)





皆さんにも素敵なCooking Lifeが訪れますように!^^







おわり。

0コメント

  • 1000 / 1000